復活♪

復活♪_a0092285_17233050.jpg


店主、久々のTAPPYですー!!お休み&本日もご来店をありがとうございました(^^)
いやぁ暑いけど、やっぱりTAPPYは落ち着きます♪



復活!と銘打ってしまいましたが、いたって元気です♪今回、子ども会の係がありまして、金曜+土曜は盆踊りの手伝いをさせていただいておりました。
復活♪_a0092285_17411942.jpg

人数が多い、地域の熱量が高い+場所柄もありまして、追悼の盆踊りはそれはそれは大規模なもので(驚)子どもだけでも200人近かったそぅです。

子ども会新人のワタクシ、右往左往(笑)!
勝手に右往左往の激疲労!
日頃、スタッフ陽子ちゃんに偉そうな態度をとっておりますが、子ども会では、ランク子ども以下ッス(笑)


地域の方もとても温かくて良い経験になりました♪


前後するのですが。
盆踊りの日は8月6日。今年も8月6日を迎えましたね。


児童文学書の「ガラスのうさぎ」を先日読み終えました。主人公敏子さんの実話。当時小5くらい。

空爆で母と妹2人が行方不明。兄2人は戦地。
お父さんは目の前で銃殺され、ただ1人、縁もゆかりもない土地で疎開生活。学校にも行けず、戦争が終わっても、尚、別の場所で疎開生活。疎開先では労働者として扱われ、慣れ親しんだ家も土地もすでに無く…


敏子さんは、お父さんが目の前で死んだ時に自殺を考えました。当然の感覚だと思います。


が、その時に「自分が死んだら、誰が父さんの死体を葬ってくれるのか??」と思い、自殺を止めたそぅです。


火葬をするには、お父さんの遺体をまず運ばないといけない。火葬の為の蒔を集めないといけない。腐らないように体を拭いてあげないといけない。役場で死亡届けを貰わないと、私は明日からのお米の配給がもらえないし学校にも復学できないetc…



壮絶ですよね。ホント。
読むうちに、主人公と長男泰清を重ねてしまって。
絶対、こんな目に遭わせたらいけない。これは私の責任じゃわーと思いました。



絶望の淵にいた敏子さんですが、皆が助けて下さったそぅです。
皆、死と隣り合わせな状況なのに、それはそれは優しくして下さったそぅです。
その理由を聞いたら、全員が「生前、アンタの父ちゃんと母ちゃんに、本当に助けてもらったんよ!だからこれは恩返し!」と言われたそうです。

…(驚)!!…


なんだかスコンと落ちた感覚でした!
戦争反対!平和平和!と言うのが…いつもなんかピンシャンきてなかったんですよね(苦笑)

具体的に何をどぅすれば良いん?戦争反対って言うのは当たり前じゃない??みたいな。


この本を読んでからと言うもの、「とにかく!知っている人から。隣の人から。人には、良くしよう!!」と、決めました。


回りに回って、我が子を大切にしてもらぅ為に&私が死んでも、我が子達が人に助けてもらえる為に、とにかく!私は、人を大事にせんといけんのじゃーと思いました。

そんな気持ちが、回りに回って全体のpeacefulに繋がるよぅな気がしています(^^)



なので、盆踊りも全力で頑張ってまいりました(笑)!!
復活♪_a0092285_18292991.jpg


さて♪
今日からはTAPPY全力で頑張ります(^^)

復活♪_a0092285_18293015.jpg


復活♪_a0092285_18293017.jpg


復活♪_a0092285_18293198.jpg

ラスト1本になりました(^^)




by tappy-hiroshima | 2016-08-09 18:42 | Comments(0)

TAPPYの最新情報をお知らせします☆       


by tappy-hiroshima
カレンダー